ごあいさつ

2014年7月3日、特定医療法人防治会 理事長が交代いたしました。

理事長あいさつ

特定医療法人防治会  理事長 楠木 司
特定医療法人防治会
理事長 楠木 司

上をめざし 前を向いて 前理事長 五島正規の後をついで防治会の理事長に就任いたしました。 重責に身の引き締まる思いです。
高知に来て15年、医療という形で 目の前の患者さんたちの生活を支えるべく精一杯頑張ってきたつもりです。 これからは加えて防治会の職員の生活も守っていく立場になるわけですので、責任は重大です。

私の医療に対する考え方の本質は、 何らかの縁があった方には生きている限り元気でいてほしい、 人生を楽しく過ごしてほしいというものです。 そのために必要な医療を施すということをしてきました。
この考え方は患者さんたちに対してだけのものではなく、 プライベートでも私の人間関係に対する考え方の核をなしています。 そして今後防治会職員に対しても同様の信念を貫いていきたいと思います。

これまで梅ノ辻病院(現 梅ノ辻クリニック)からいずみの病院まで、 現場のど真ん中で走ってきた私だからこそできることがあると思っています。
患者さんに対しても職員に対しても、たとえ肩書が変わっても私の本質は変わらない、 敷居の高い人間には決してなりたくない。
そして、いわば戦友として、ともに上をめざしていきたい。

患者さん、そして職員含めさまざまな形で防治会に関わってくださる皆様方とともに、 皆様にとって、そして私自身にとってもより良い法人となるよう頑張っていく所存です。
共に前を向いて歩んでくださるよう、よろしくお願い申し上げます。