トップ > 部署紹介 >  放射線部 > 機器紹介

放射線部

いずみの病院 放射線部 3.0テスラMRI導入

検査機器紹介

MRI
1.5テスラMRI

当院ではGE社製3.0テスラMRIと1.5テスラMRIを導入し、2台体制で検査を行っています。

3.0テスラMRI
1.5テスラMRI

CT
64列128スライスCT
64列128スライスCT

当院では64列128スライスCTを導入しています。


マンモグラフィ装置
マンモグラフィ装置

マンモグラフィとは乳房のX線撮影のことです。
乳癌が世界的に増加傾向をたどっている現在、早期発見・治療に大きな力を発揮するのが「マンモグラフィ装置」です。


DSA(血管撮影装置)
DSA(血管撮影装置)

血管造影検査とは、X線を利用して吸収率の差から血管を描出し、病変の部位や状態を調べる検査です。
立体的な血管画像が得られ、細かな血管の構成を把握することができます。


骨密度測定装置(DXA装置)
骨密度測定装置

当院では、骨密度測定装置を最新鋭のDCS-900FX(日立アロカメディカル社製)を導入しています。
検査は「腰椎」、「大腿骨」または「腰椎と大腿骨の両方」を少量のX線を照射することで骨密度を測定します。


FPD(X線画像表示装置)
FPD(X線画像表示装置)

これまで当院では、X線撮影はCRという画像読取装置にて画像を得ていましたが、 FPD(フラットパネルディテクタ)を導入しております。 これにより、被ばく線量の軽減と常に安定した画像が瞬時にでき、 患者さんの待ち時間と画像処理時間の短縮が図れます。

また微細病変の検出能も優れ、診断範囲も広がります。


PACS(画像保存・配信システム)
PACS(画像保存・配信システム)

PACSとは従来画像をフィルムにプリントし読影していたものを、 画像をデータとして保存し院内のネットワークを介し電子カルテ上などに表示するものです。

これによりフィルム保存と搬送時間をなくす事で迅速な画像表示が可能となり、 診療効率向上と待ち時間での患者さまへの負担の軽減となります。


放射線部

▲ ページの先頭へ