トップ > 部署紹介 >  看護部 > 手術室

手術室

手術室 手術室 手術室 手術室

特徴

手術室は2部屋、外科・脳神経外科・整形外科・泌尿器科の手術を行っています。 そのほかに、器材庫、中央材料室があり看護スタッフ10名(看護助手含む)で手術看護業務の他、 各病棟・外来の物品滅菌業務を行っています。

年間手術件数は、約500件。 勤務体制は日勤、夜間および休日は拘束体制で、予定手術以外にも緊急を要する場合 24時間迅速に対応できるようにしています。

入院患者さんには、手術前に手術室担当看護師が術前訪問を行っています。 手術室入室後の処置や流れについてお話しすることで、患者さんの心配や不安が少しでも軽くなるとともに 気持ちにそえられるように看護していきます。 また、患者さんがリラックスできるよう手術室内ではBGMが流れており、 CDなどの音源の持ち込みにも対応しています。 このように、手術に臨む患者さんに対し安心で安全な看護を提供できるようスタッフ一同努力しています。

なお、常設の医療機器については臨床工学部の協力のもとで定期的な保守点検の実施、 部署内での教育研修、感染防止対策の徹底を行い安全な手術の実施へ取り組んでいます。