トップ > 部署紹介 >  リハビリテーション部 > 言語聴覚療法

リハビリテーション部

言語聴覚療法

コミュニケーションや食べる(飲みこむ)機能に障害のある患者さんに対して、リハビリを行ないます。
言語聴覚療法のようす
言語聴覚療法のようす

ことばが出ない、ろれつが回らないなど、ことばやコミュニケーションに不安を持つ患者さんに、 必要な評価(検査)を行ない、それぞれの症状に合わせた治療・援助を行ないます。

食べ物が飲みこみにくい、最近ムセこみやすいなど、食べる機能に関してお困りの患者さんに、 嚥下造影(VF)などの諸検査、嚥下訓練などの援助を行ないます。

また、症状に合わせて呼吸や発声方法の指導、飲みこみやすい食物のご案内や家庭でできる訓練の指導も行なっています。

当院では、パーキンソン病患者さんに対する訓練で高い効果が認められているLSVTの資格を取得した言語聴覚士がおり、 パーキンソン病患者さんの発声訓練も行なっています。

リハビリテーション部 横山