トップ > 部署紹介 >  リハビリテーション部 > がん患者さんへのリハビリテーション

リハビリテーション部

がん患者さんへのリハビリテーション

近年、がんと診断される患者さんの数は増加しており、2人に1人が罹患しています。 一方、治療の進歩で治癒・軽快が望めるようになり、生存率も向上しています。

がんと診断された後もその人らしい生活が送れるよう、がん患者さんへのリハビリテーションが注目されています。 当院でも取り組みを始め、前向きに臨む患者さんの姿が見られます。

がん患者さんへのリハビリテーションとは

がん患者さんのリハビリテーションは、対象となる患者さん(下表参照)に対して、 医師の指導監督の下、適切な研修を修了した理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が行うリハビリテーションです。

がんやがんの治療により生じた疼痛、筋力低下、障害などに対して、 運動機能や生活機能の低下を予防・改善することを目的としています。 がんの種類や進行、がんに対して行う治療およびそれに伴って発生する副作用または障害などについて十分に配慮し、 運動療法、実用歩行訓練、日常生活活動訓練、物理療法、応用的動作能力、 社会的適応能力の回復などを個々の症例に応じて組み合わせて行います。

対象となる患者さんと実施されるリハビリテーションの例
対象疾患状態施行または施行予定の治療実施されるリハビリ
食道がん、肺がん、縦隔腫瘍、胃がん、肝臓がん、胆嚢がん、膵臓がん、大腸がん 入院中 閉鎖循環式全身麻酔による手術 術前からの呼吸方法や喀痰排出のための訓練など
舌がん、口腔がん、咽頭がん、喉頭がん、頸部リンパ節郭清を必要とするがん 放射線治療もしくは閉鎖循環式全身麻酔による手術 術前・術後の発声・嚥下訓練、肩・肩甲骨などの運動障害に対するリハビリテーションなど
乳がん リンパ節郭清を伴う乳房切除術(術後、肩関節の運動障害を起こす可能性がある場合) 肩を中心とする関節可動域運動、リンパ浮腫の予防と軽減など
骨軟部腫瘍、がんの骨転移 患肢温存手術・切断術・固定術(創外固定・ピン固定)・化学療法・放射線治療 義肢・装具を用いた訓練、患側の肢以外の機能獲得のための訓練など
原発性脳腫瘍、転移性脳腫瘍 手術もしくは放射線治療 講音障害や麻痺などに対する訓練など
血液腫瘍 化学療法もしくは造血幹細胞移植 心肺機能向上や血球減少期間短縮のための身体訓練など
がんと診断された方 骨髄抑制を来しうる化学療法 全身調整運動など
緩和ケア主体で治療を行っている進行がんまたは末期がん 在宅 症状増悪のために一時的に入院加療を行い、在宅復帰のためのリハビリテーションが必要な患者 自助具などの使用訓練、摂食・嚥下療法、呼吸法の指導など
理学療法士が行うリハビリテーション
ストレッチ 痛みや筋肉の緊張を和らげます。

ストレッチ 痛みや筋肉の緊張を和らげます。

バランス 転倒を予防します。

バランス 転倒を予防します。

患者さんの気持ちに寄り添って

理学療法士  松村 祐貴

がん患者さんとのリハビリテーションではストレッチや筋力維持向上訓練、歩行訓練、バランス訓練などの 通常の訓練はもちろんのことですが、特にご本人の体調、メンタル面に合わせて訓練に取り組んでいます。 何よりもご本人のQOL(生活の質)に注目を置き、趣味や活動などご本人が一番望むことを可能な限り実現できるよう、 自宅退院まで視野を広げ取り組んでいます。

がんが進行するにつれ生活動作に障害が徐々に生じていき、身体的低下に伴い気持ちが落ちていくことが見られます。 それでもご本人の気持ちをくみ取れるよう、正面から向き合って心から寄り添い、 十分なリハビリテーションを提供できるよう心掛けています。


レッグプレス 足の力を鍛えます。

レッグプレス 足の力を鍛えます。

エアロバイク 持久力をつけます。

エアロバイク 持久力をつけます。

自信につながるサポートを

理学療法士  竹島 由貴

私は数年前にも緩和ケア病棟でがん患者さんのリハビリに携わらせていただいていました。 今回、当院でも一般病棟でがん患者さんへのリハビリテーションが始まり、 在宅復帰を目標に関わらせていただくことになりました。

患者さんと共に目標を立案し、リスク管理をしながらリハビリを実施していく点については、 他の疾病を持つ患者さんとの相違はないと思っています。 患者さんの全身状態にもよりますが、呼吸訓練、手足の筋力維持強化、全身持久力運動(エアロバイク等)、 立位バランス訓練、階段昇降、屋外歩行等のアクティブな運動も実施しています。

身近な目標を達成し積みあげていくことで自信につながり、生活の質は向上していきます。 そのサポートができるよう、明るく元気に日々仕事に取り組んでいきたいです。


作業療法士が行うリハビリテーション

制作中。公開までしばらくお待ちください。

言語聴覚士が行うリハビリテーション

制作中。公開までしばらくお待ちください。

リハビリテーション部