トップ > 部署紹介 >  リハビリテーション部 > パーキンソン病専門リハビリテーションコースとは

リハビリテーション部

パーキンソン病専門リハビリテーションコースとは

パーキンソン病の患者さまを対象とした入院での集中リハビリテーションコースを設けました。 症状の軽い段階からのリハビリテーションは自宅生活を快適に送るために重要と考えています。

パーキンソン病の治療は、薬物療法や脳外科手術とともにリハビリテーションも大切な療法の一つになります。 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・音楽療法士が、3週間(日曜・祝日も実施)、 症状に合わせたリハビリテーションを集中的に行います。 また、患者さまやご家族からは、 「リハビリ室でできることが家ではできない」「家ではリハビリ室のように動けない」といった声をよく聞きます。 必要に応じて入院前の自宅訪問を行うことで患者さまの症状のみならず、ご家庭の環境も考慮した訓練指導を行います。

パーキンソン病専門リハビリテーションコースの流れ
積極的な日常生活を送るために
パーキンソン病専門外来受診
・診察、入院予約
・専門外来は、脳神経外科外来 毎週木曜午後
・担当医:清家真人
次へ
入院日まで
・必要に応じて入院前の訪問
次へ
リハビリ入院
・3週間、日曜祝日も休みなく、1日3時間ほどのリハビリを実施
・理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、音楽療法士が個別に対応
次へ
退   院
・必要に応じて退院前の訪問

具体的なリハビリの内容は

理学療法

起き上がりや立ち上がり時になめらかな胴の動きが行えなかったり、 立ったり歩いたりするときに前かがみの姿勢が強くなったりします。 体が固くなることを防ぎ、正しい姿勢を保持するために必要な筋力を鍛えます。

また、「足がすくんで動けない」、「転んでしまう」といったことが多くなります。 こうした症状は重心の移動を促したり、目印を手がかかりにすることが有効となります。 安全に歩けることを目指して工夫しながら歩行やバランス訓練を行います。

作業療法

日常生活を送るうえでの困りごととして、動作に時間がかかるという点があります。 これには動作の開始が困難であることや、複数の動作を同時に行うことが苦手であることが影響しています。 こうした症状に対しては視覚的な目印を用いて動作の開始を促したり 動作を小分けにして一つ一つイメージしながら行うといった方法が有効な場合があります。 苦手とされる動作が少しでも円滑に行えるヒントを患者さんと一緒に考えながら行います。

言語療法

楽しく声を出し、笑顔を作れるよう、歌やゲームを含めながら発声や発音の練習、口の運動などを行います。 声が出にくい、食べ物が飲み込みにくいといった症状に合わせて 呼吸や発声方法の指導、飲み込みやすい食物の提示、家庭でできる訓練の指導も行います。

また、パーキンソン病の発語訓練で高い効果が認められているLSVT訓練の資格を取得した言語聴覚士が2名おります。

音楽療法

体を動かす時のリズムの乱れが、スムースな動きの障害となっています。 リズム・メロディ・歌を使って楽しみながら腕・足・顔などの動作を促します。 そうすることで、意識を動きに向けながら、音に合わせて目標とする動きに近づけていきます。 また、余暇活動として音楽を聴いたり演奏したりすることでストレスの発散や情緒の安定が図れ、 認知面や精神面の改善につながります。

訪問指導

日常生活での工夫や環境の整備を図ることは、持っている力をむだなく発揮するために重要なことです。 必要に応じて、入院前や退院前に理学療法士と作業療法士が訪問を行い、 自宅での動きや生活環境を考慮したうえで、動作や自助具の工夫、また家屋改造などの助言を行います。

リハビリテーション部 横山