リハビリテーション部

回復期リハビリテーション病棟とは

脳梗塞、脳出血や下肢や脊椎の骨折などの患者さまを対象にした病棟です。

寝たきりの予防、機能の回復、日常生活動作の能力向上を図り、家庭や仕事への復帰を目的としています。 医師、看護師、介護士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、 医療相談員(ソーシャルワーカー)が共同して立てた計画をもとに、 リハビリテーションを集中的に行います。

回復期リハビリテーション病棟では、疾病により入院期間が決められています。 リハビリの進み具合によって早期の退院も可能ですし、 入院期間の超過しそうな方には長期療養の病院や介護保健施設への紹介もしております。

どんなリハビリがあるの?

理学療法・作業療法・言語聴覚療法などがあります。

理学療法
理学療法

座ったり、立ったり、歩いたりといった基本動作の回復や維持、そして悪化防止のために筋力や関節機能の維持改善を図ります。
また、食事・排泄・更衣・入浴など日常の身の回り動作が自立できるように支援します。

痛みのある部位には、温めたり電気刺激を使うことで痛みの軽減を図りながらリハビリを進めていきます。

機能の改善が困難な場合は、障害に合った装具・車いす・歩行器などを使用しながら 少しでも自立した生活を取り戻せるように支援します。


作業療法
作業療法

日常生活のいろいろな動作や家事・仕事・遊びなど人間の生活全般に関わる活動を行うことで運動機能の維持や回復を促していきます。
また、精神面や高次脳機能障害といった知的面に障害がある方への支援も行います。

障害が残されても、安全でいきいきとした生活が送れるように自助具や住宅改修などを検討しながら 退院後の生活を見越した支援もします。


言語聴覚療法
言語聴覚療法

脳卒中や頭部外傷などによって「読む・書く・聴く・話す」など 言語の機能や発音(構音)に問題を抱えている方に対して、必要な評価(検査)に基づき、 それぞれの症状に合わせた訓練・指導を行い、コミュニケーションが取れるように支援します。

また、食べ物が飲み込みにくい、むせ込みがある等の食べる機能や飲み込む機能に問題を抱えている方に対しても、 嚥下造影検査(VF)や諸検査を行い、訓練・食事指導などの支援を行っています。


モーニングケア・イブニングケア

ご家庭に復帰された生活をイメージしたリハビリテーションを行うことは、 能力向上や実用的な生活行為を獲得するのに重要です。 起床から朝食を終えるまでのモーニングケア、 夕食から就寝するまでのイブニングケア、 これらの時間帯に食事・排泄・更衣・整容といった生活行為が集中しており、 生活に即したリハビリテーションを行う重要な機会です。

当院回復期リハビリテーション病棟では、平成24年4月1日より、 リハビリスタッフもモーニングケア・イブニングケアへの取り組みを開始しました。

リハビリテーション部 横山