トップ > 病院案内 > 病院指標  > 平成28年度 病院指標

病院指標

平成28年度 いずみの病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 - 11 17 19 59 119 290 473 611 223
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 46 30.09 21.25 10.87 83.93
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 31 17.77 12.43 3.23 85.87
060350xx99x00x 急性膵炎 26 17.96 11.84 0.00 58.35
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 19 43.37 19.24 26.32 83.53
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 16 13.44 13.60 6.25 85.75
全体的に当院の平均在院日数は、全国の平均在院日数に比べ、長めです。当院内科の場合、その主な原因は、当院の急性期病棟には亜急性期(=急性期後)にあたるステージの患者さんがかなり入院していることにあります。他の急性期病院、高度急性期病院では、このような患者さんは他の病院に転院させる場合が多く、この表のように平均在院日数の差が生じています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 17 18.00 17.95 11.76 86.06
050210xx97000x 徐脈性不整脈 - - 11.38 - -
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 - - 3.06 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 14 7.00 11.57 0.00 69.36
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 - - 14.83 - -
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 - - 7.61 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
この表で患者数1位、3位の診断群分類はいずれも「手術あり」に該当する診断群分類で、急性期病棟に入院された患者さんです。一方、患者数2位の肺癌は「手術なし」の診断群分類で、こちらは実はみな緩和ケア病棟に入棟された患者さんです。当院外科に緩和ケア担当の医師がおり、診断群分類別集計の結果、このように表に現れました。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 43 59.53 20.57 13.95 83.14
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 15 77.53 27.63 20.00 84.13
160980xx99x0xx 骨盤損傷 12 60.58 20.45 8.33 81.83
- - - - - - -
- - - - - - -
患者数1〜3位のいずれをとっても当院の平均在院日数は、全国の平均在院日数に比べ、非常に長いです。この患者さんたちの多くは、急性期病棟に入院後、自院内にある回復期リハビリ病棟に転棟された方々です。回復期リハビリ病棟等を持たない他の急性期病院、高度急性期病院では、このような患者さんは他の病院に転院させることになるため、この表のように平均在院日数の差が生じています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160xx99x00x パーキンソン病 152 25.74 18.71 5.26 74.11
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 40 25.93 16.54 2.50 71.25
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 30 19.80 15.58 6.67 68.23
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 13 56.15 19.35 0.00 72.15
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 12 19.67 9.87 0.00 77.92
診断群分類別患者数の第1位はパーキンソン病で、他を大きく引き離しています。これは当院脳神経外科の大きな特徴です。第3位の「手術・処置等の合併症」も、実はその大半が「脳刺激装置電池消耗」によるもので、パーキンソン病等の患者さんに対し脳刺激装置植込術を行った後、一定の年数が経ち、電池交換の手術目的で入院されるケースです。
なお、内科、整形外科と同様、脳神経外科も、全体的に当院の平均在院日数は全国の平均在院日数に比べ長めです。内科、整形外科と同様、当院の病棟機能によるものです。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 12 75.67 20.57 8.33 77.92
160980xx99x0xx 骨盤損傷 - - 20.45 - -
010040x097x0xx 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) - - 30.67 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
診断群分類別患者数第1位の平均在院日数(自院)が、全国の平均在院日数と比べると非常に長いです。この表に集計されているのはすべて回復期リハビリ病棟入棟の患者さんです。回復期リハビリ病棟の平均在院日数としては平均並みですが、本表にある全国平均値は急性期病院の値であり、両者には大きな差があります。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160xx99x00x パーキンソン病 32 22.94 18.71 9.38 75.91
010069xx99000x 脳卒中の続発症 16 19.56 9.99 0.00 68.69
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 16 28.94 18.04 6.25 52.31
- - - - - - -
- - - - - - -
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - 10 1 6,7
大腸癌 - - - - - - 1 6,7
乳癌 12 - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - 13 1 7
肝癌 - - - - - - 1
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 15 8.87 54.60
中等症 47 16.47 81.04
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 10 4.30 70.80 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 100 37.93 76.47 9.03
その他 44 54.34 77.61 5.56
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 35 18.29 21.14 65.71 82.6
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K6534 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術5.鼠径ヘルニア 15 1.00 4.80 0.00 68.80
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) 14 1.07 4.93 0.00 69.36
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)2.長径3cm以上6cm未満 - - - - -
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) - - - - -
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 10 3.60 148.70 10.00 83.80
K0821 人工関節置換術(股) - - - - -
K0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - -
K0842 四肢切断術(大腿) - - - - -
K0463 骨折観血的手術(膝蓋骨) - - - - -
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K181-2 脳刺激装置交換術 27 3.74 18.22 7.41 67.48
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 15 57.07 117.20 46.67 79.33
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 12 1.58 24.25 8.33 74.00
K1811 脳刺激装置植込術(片側) - - - - -
K1901 脊髄刺激装置植込術(16極以下ジェネレーター) - - - - -
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 18 1.01
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 46 2.57
異なる - -
「手術・処置等の合併症」の発生数が46件(発生率2.57%)と、一見すると発生が多く見えますが、大半を占めるのが脳刺激装置電池消耗、透析シャント閉塞等です。脳刺激装置電池消耗は脳刺激装置植込術施行後、一定の年数が経つと発生し、交換手術のため入院する必要があります。透析シャント閉塞も、人工透析を行っている患者さんに、どうしても一定の割合で発生してしまいます。
更新履歴
2017年9月21日
平成28年度 病院指標 公開しました

▲ ページの先頭へ