トップ > 病院案内

いずみの病院のご案内

病院案内

院長 夕部富三
      院長 夕部富三

当院は「地域住民の皆様の健康な生活を守り、幸せな生活を支援する」ことを目的に、平成13年7月1日開院いたしました。 特に高知市北東部地域の基幹病院として地域医療を行なってまいりました。 患者さまがいつでも安心して受けられる医療、満足できる医療を目指して取り組み、 病気だけを診ず、人を診る医療を心がけております。
病気になれば何よりも不安が先立ちます。 医療はまず病人に安心を与える事が大切と考えています。 すべての病気が治るわけではありませんが、たとえ治らなくても少しでも安心していただけるよう、 最善の努力をするのが医療の使命だと思っております。 できるだけ多くの地域の方々に安心していただける医療を目指して日々努力しております。

当院には特長的な診療科や部署があります。ここでいくつか紹介させていただきます。


脳神経外科

不随意運動疾患(例えばパーキンソン病など)に対する 脳深部刺激療法(DBS)を中心とした機能性脳外科を数多くおこなっており、 患者さまのQOL(Quality Of Life:生活の質)向上に寄与しています。

リハビリテーション部

理学療法士54名、作業療法士39名、言語聴覚士18名、音楽療法士1名をそろえ、 県内屈指の充実したリハビリをおこなっております。

外科

甲状腺や乳腺の診断から治療まで行っています。 さらに、消化器外科手術には腹腔鏡下手術を積極的に行っており、 美容的にも優れています。

緩和ケア病棟

終末期の癌など治癒が望めない患者さまとご家族に、より穏やかな生活を送っていただくための 緩和ケア病棟があります。 これまでに多くのご満足の声をいただいております。 これからも一人でも多くの方々のお役に立てるよう、信頼される医療機関として努力してまいります。