トップ > 診療案内 > 循環器科

循環器科

いずみの病院 循環器科 高血圧,高脂血症,不整脈,狭心症,心筋梗塞,虚血性心疾患,弁膜症,大動脈瘤,ステント治療,心臓手術後,検査,治療 半田武巳 中村隆澄

医療技術の発達により年を追うごとに日本人の平均寿命が長くなり、 高齢化社会と言われるように社会情勢が変化してきています。 心臓の病気に関連して近年よく見かけられるようになってきたことは、 80歳を過ぎてから、または90歳に近くなってきてから、 急性心不全を契機としてその時に初めて重症の弁膜症を持っていることがわかる患者さんが増えてきたことです。

狭心症や心筋梗塞の場合には年齢に関わらず、急に胸が痛くなることが病気を発見するきっかけになるため、 急に胸が痛くなる → 心電図変化が出現している・血液検査で心筋梗塞のサインが出現している → 血管造影・ステント治療または外科手術という一貫した治療の方向性がすぐに決まってきます。

しかし、弁膜症の場合には、通常は自覚症状がなく日常生活を送っていますが、 ゆっくりと心臓の機能が悪くなっているため、ある時急に胸に水がたまる・息ができなくなってくるという 急性心不全の症状が出現してきて初めて重症の弁膜症があることがわかるご高齢の患者さんが非常に多くなってきています。

医療技術が発達してはいますが、手術をするためには年齢・心臓以外の病気の種類などさまざまな要因が交錯するため、 急性心不全となった患者さんすべてがすぐに心臓手術をすれば良いということにはならないのが現状です。

そこで、手術をすることは難しいので根本的な治療には至らないけれども、 日常生活の中で心臓の病気が悪くなりにくくなるようにバランスをとっていくことも循環器科の大切な仕事になってきています。

狭心症・心筋梗塞のステント治療・外科治療、弁膜症の外科手術・大動脈瘤ステント治療・外科手術は 高知大学医学部や高知医療センター等と連携をとって治療をしていただきますが、 心臓血管内治療・心臓手術治療を除いた心臓の病気の検査や内科的治療は 最新の治療も含めて広範囲に行えるような体制をとっております。

今後も最新の治療方法を積極的に取り入れていくと共に看護師・リハビリ部と共同で 患者さん、ご家族にとっても最良の医療が提供できるようにしたいと考えております。

外来診察のご案内

診療変更のお知らせ
  • 9/ 6(水)午後  休診:古島 代診:なし
  • 9/27(水)午前・午後  休診:半田 代診:なし
  • 9/28(木)午前・午後  休診:半田 代診:なし
  • 9/29(金)午後  休診:半田 代診:なし
外来診察担当医表
 
午前 中村 中村 半田 半田 中村  
午後   中村 *2 半田
古島 知樹 *1
半田 中村
半田
佐藤 隆幸 *1

*1 非常勤医師(高知大学医学部)
*2 予約患者さまのみ診察いたします。ご了承ください

医師

中村 隆澄   Nakamura Takasumi

日本循環器学会専門医 日本胸部外科学会認定医・指導医  日本外科学会認定登録医 身体障害者指定医 医学博士

半田 武巳   Handa Takemi

循環器科部長
日本循環器病学会会員 日本胸部外科学会会員 日本心臓血管外科学会会員  日本外科学会認定専門医