トップ > 脳神経センター > 術中ナビゲーション

脳神経センター

より安全な治療のために

術中ナビゲーション
ナビゲーションシステム
ナビゲーションシステム

ナビゲーションシステムは車に取り付けるカーナビのようなものです。 病変部とその周囲を立体的に描出してくれるので、手術をするときに、 どこを切開して、どの方向に進めば安全に病変部まで到達できるのか、といったことが一目でわかります。

また、病変の広がり、重要な神経や血管の位置、手術している部位をリアルタイムに正確に表示してくれるので、 神経や血管を傷つけることなく、病変部を残さず切除するのにも役立ちます。

脳腫瘍などの手術の際には、病変の局在や周囲の正常組織との関係を3次元的に把握することが重要です。 これまでは術前にCTやMRIの画像を見ながら立体画像のイメージを作り、医師の経験と勘により、 頭蓋のどこに穴を開ければよいか決めていましたが、このナビゲーションシステムがナビゲートしてくれます。


頭部顔面のデータを登録
頭部顔面のデータを登録

まず、術前にCTやMRIを撮像し、そのデータをナビゲーションシステムのワークステーションに取り込み、3次元データを作成します。 これにより術前に手術計画、手術シミュレーションを行います。

次に、術中に位置感知カメラにより患者の頭部顔面のデータを登録します。 これにより、ナビゲーション表示ができ、実際の手術のナビゲーションをします。


ナビゲーションシステムを利用した手術

このナビゲーションシステムは、主に脳腫瘍の手術に使われます。 特に脳の深いところにある腫瘍や、境界が分かりにくい腫瘍、病変と重要な組織が隣接している場合には、非常に有用です。

当院脳神経センターでは神経膠腫、髄膜腫、下垂体腫瘍、頭蓋底腫瘍、脳幹部海綿状血管腫などの手術にナビゲーションシステムを利用しています。


脳幹部海綿状血管腫
  脳幹部海綿状血管腫 脳幹部海綿状血管腫

左側頭葉神経膠腫
  左側頭葉神経膠腫 左側頭葉神経膠腫

脳神経外科

▲ ページの先頭へ