トップ > 脳神経センター

脳神経センター

脳神経センターの機能充実

 清家 真人

脳神経センター長
  清家 真人

2010年8月より、脳神経外科を中心とした脳に関する専門センター「脳神経センター」の機能を充実させました。
豊富な症例数と知識をもつ脳神経外科専門医を中心に、看護師、技術検査部門スタッフで構成し、 脳腫瘍・脳卒中、パーキンソン病などの診断・治療を行います。 術後早期の回復と通院リハビリケアのためのリハビリテーションを充実させており、 現在100名の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が治療を行っています。

脳神経センターは、脳神経領域において質の高い適正な医療を提供するとともに、 高度先進医療機器を整備し、めまぐるしく進歩する医療に対応しております。 患者さま一人ひとりにあった治療法を見いだし、生命予後・機能予後を高め、 よりよい人生を送るための力になりたいと考えています。

今後さらに、高度な医療技術と看護サービスを提供するセンターとして常に前進し、 患者さんによりよい医療を提供できるよう努力してまいります。


いずみの病院 脳神経センターは、DBSセンター、脳卒中センターを有しています。

DBSセンター

DBSとは、深部脳刺激療法(Deep Brain Stimulation)という極細の電極の針を脳に刺す高度な手術のことです。 主にパーキンソン病やジストニアに対する治療法として知られています。 今後も適応疾患の拡大に向けて検討してまいります。

脳卒中センター

当センターの最大の使命は、脳卒中の患者さまに満足の行く治療を行うことです。 脳卒中をはじめ脳の病気はいつでも、どこでも発生します。 安心して治療を受けていただけるように365日、24時間体制で診療を行っています。

より安全な治療のために

脳神経外科の手術は、顕微鏡を使い、非常に緻密で繊細な技術が要求されます。 少しでも違う場所を切除しただけで、神経障害がおこる場所があります。

そのため、以下の手法を取り入れ、より安全な治療が行えるよう最善を尽くしています。

術前シミュレーション
3次元CTA、MRAなどがあります。
術中ナビゲーション
脳の中を正確に手術するために考え出されたのが、術中ナビゲーションシステムです。
術中モニタリング
術中モニタリングとは、手術により傷害される可能性のある脳機能および脳神経機能を術中に監視する手術支援システムです。 手術操作による機能障害の可能性が生じるとただちに警告を発し、 異常の原因を検索して解決することにより術後の機能障害を回避することができます。 術中モニタリングの導入により、手術合併症が減少しています。 また、脳機能の局在や脳神経の同定、鑑別を行うマッピングもあります。

▲ ページの先頭へ