トップ > 病気の知識 >  泌尿器疾患 > 男性更年期障害

男性更年期障害

「更年期障害」というと中高年の女性特有の病気として言われがちですが、 最近は男性にも「更年期障害」がおこると注目されるようになりました。 女性同様、ホルモン(男性の場合、テストステロンという男性ホルモン)の減少によると考えられています。

最近「だるい」「疲れやすい」は要注意

体がだるい、疲れやすい、仕事に集中できない、と感じることが長く続く方は、男性の更年期障害かもしれません。 その他にも勃起不全(最近はEDと呼んでいます)や性欲がなくなる、ほてりや冷えを感じる、不眠やうつ状態等の 精神的不安定といった症状が強く現れます。 きまじめで凝り性、責任感や競争心が強く、完璧主義の方やせっかちな人は男性更年期障害を発症しやすいとも言われています。

「だるい」「疲れやすい」は要注意 「だるい」「疲れやすい」は要注意

1か7どちらか1つでも「はい」の方、または
それ以外の8問中3つ以上が「はい」の方、
男性更年期障害かもしれません。
出典:Dr. Morley,J.E. (Saint Louis Univ.)

男性更年期障害チェック
  • 性欲の減退を感じていますか?
  • 活力(エネルギー)不足を感じていますか?
  • 体力や持続力の低下を感じていますか?
  • 身長が低くなりましたか?
  • 人生(生活)の楽しみが少なくなったと感じていますか?
  • もの悲しい気分や不機嫌になりがちですか?
  • 勃起力が弱くなりましたか?
  • 最近運動をする能力が落ちたと思いますか?
  • 夕食後にうたた寝をすることがありますか?
  • 最近、いろいろな仕事をする能力が低下したと感じますか?

診察はいろんな側面から

訴えられる症状は、更年期障害によるもの、他の疾患(例えば老年期うつ病等)によるもの、 またその両方によるものがあります。

そこで、まず簡単な質問表にご記入頂き、今身体に感じられる異常や症状をチェックします。

次に尿と血液の一般的な検査をいたします。 この検査で健康状態や男性ホルモン(特にフリーテストステロンという活性型の男性ホルモン)と 脳下垂体から分泌される性ホルモンを刺激するホルモンの状態を調べます。

また同時にPSAの検査も行い前立腺がんの疑いがないかも調べます。

治療について

ホルモンの減少が原因の場合には、男性ホルモンの補充療法を行ないます。 これは3週間に1回、最長10回までの注射で補充を行ないます。 多くの方々で症状はかなり改善します。

男性更年期外来へ

女性は閉経により、女性ホルモンが急激に減少し色々な症状が出ます。
しかし男性の場合、女性のようなホルモンの急激な減少はありません。 また、その減少の度合も個人によってかなり差があり、職場や家庭のストレス等の精神的要因も加わって徐々に症状が現れます。 ところがなかなか周りに理解してもらえず、お独りで悩まれるケースも多いようです。

男性の場合まず何科を受診すればよいか迷ってしまいます。 「だるい」「疲れやすい」という場合は内科や心療内科、「尿が出にくい」「ED」ならば泌尿器科、というように、 まず受ける診療科で迷ってしまいます。

なお、問診の内容確認により、他の科をすすめることもあります。
まずはお電話で「男性更年期外来」へご相談ください。

監修:泌尿器科 執印太郎

▲ ページの先頭へ