トップ > 特定健康診査・特定保健指導 >  特定保健指導

特定健康診査・特定保健指導

特定保健指導

対象者

特定健康診査の結果により、利用券が発行された方。

  • 利用券は、健診結果に基づき医療保険者が発行します。
特定健診・特定保健指導の流れ
特定保健指導対象者の選定と階層化の方法

特定保健指導対象者の判定基準は以下の通りです。

ステップ1
内臓脂肪型肥満
(1) 腹囲 男性≧85cm,女性≧90cm
   または
(2) BMI≧25
※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
ステップ2
高血糖
空腹時血糖100mg/dl以上 または HbA1cが5.2%以上 または 治療中
脂質異常
TG150mg/dl以上 または HDL-cho40mg/dl未満 または 治療中
高血圧
最高血圧130mmHg以上 または 最低血圧85mmHg以上 または 治療中
喫煙習慣
あり  ※高血糖・脂質異常・高血圧のリスクが1つ以上ある場合カウント
ステップ3
ステップ1で
(1)の場合 ステップ2のうち当てはまるものが
       2個以上(積極的支援)  1個(動機づけ支援)  0個(情報提供)
ステップ1で
(2)の場合 ステップ2のうち当てはまるものが
       3個以上(積極的支援)  1〜2個(動機づけ支援)  0個(情報提供)
特定保健指導の実施
積極的支援

発症または発症リスクの高い方に対し、生活習慣の改善に向けた継続的な支援を行います。

  • 初回面接による支援を行い、その後、3ヶ月以上継続的な支援を行う
  • 一人あたり20分の個別支援、または1グループ(8名以下)80分以上のグループ支援
  • 3ヶ月以上の継続的な支援
    個別,グループ,電話,電子メールなどによる一定の支援実績が必要
  • 6ヶ月後に実績評価
動機づけ支援

発症リスクのある方に対し、生活習慣の改善点を知り実践するきっかけとなる支援を行います。

  • 面接による支援、原則1回
  • 一人あたり20分の個別支援、または1グループ(8名以下)80分以上のグループ支援
  • 6ヶ月後に実績評価
情報提供

非該当者だけでなく健診受診者全員に対し、 ご自身の現在の健康状態を把握し、健康な生活を送るための情報が提供されます。

運営についての重要事項に関する規程の概要<保健指導機関>