トップ > 部署紹介 >  看護部 > 歯科衛生係 > 口腔ケアとは

歯科衛生係

口腔ケアとは

 口腔ケア用品
当院入院患者さんの口腔ケアで使っているケア用品です

口腔ケアとは、口の中を手入れするということです。

ただきれいにするというだけでなく、口の病気を防ぎ、口の機能(噛む、飲み込む)を維持することで、 脳や身体に刺激を与え、老化・認知症の防止、全身的な健康維持など生活の質の向上に役立ちます。

また、口は、食物を摂取するはたらきだけでなく、発音や呼吸という大切な役割を担っています。 よりよい生活を送るために口は重要です。

口腔ケアの必要性

口の中には、700種以上の細菌がいるといわれています。 これは歯があってもなくてもいるものです。 この細菌の中には、誤嚥性肺炎を起こす原因菌もいるといわれています。

唾液には口の中を自らきれいにしようとする働き(=自浄作用)があり、口の健康を保っています。 食事をされていないと、唾液の分泌は減り、口の環境が悪化して細菌数が増加してしまいます。 また、口の中が乾いたり、味がわかりにくくなるなど口のトラブルも出てきます。

誤嚥性肺炎の予防

食べ物や唾液などが食道ではなく誤って気管の方に入ることを誤嚥といいます。 この誤嚥は健康な方でも起こることがありますが、病気や加齢などによって飲み込みが難しくなった方では誤嚥しやすいことがあります。 特に口の中は細菌が非常に多く存在しており、唾液の誤嚥を繰り返す場合、口の中が不衛生な方は誤嚥性肺炎になりやすくなります。

誤嚥性肺炎と口腔ケアは非常に関係があり、食前・食後の口腔ケアを行うだけでも誤嚥性肺炎の防止につながります。 特に、介護の必要な方においては口の中の衛生状態を保つことで、 夜間に起こりやすい不顕性誤嚥(むせ込みのない誤嚥)から生じる誤嚥性肺炎への対応にもなります。

口腔ケアと機能訓練の効果

当院では、何らかの理由で口から食物を摂取できなくなった方にはできるだけ早期から関わり、 歯科衛生士が専門的な口腔ケアを行った後、言語聴覚士が機能訓練を行うことで、口腔・嚥下機能の維持・改善を図っています。 早期から関わることで誤嚥性肺炎の軽減や口から食べる楽しみをもう一度得られるなどのさまざまな効果が得られています。

また、必要に応じてご本人やご家族の方に対して口腔ケアの実施方法を指導させていただいています。

唾液について

唾液の働きは非常に重要でさまざまな作用があります。 特に口の中の衛生状態を保つためには欠かせないものとされています。 加齢だけでなくお薬の副作用でも唾液の分泌が減ることがあります。

唾液を少しでも出やすくする方法がありますのでご紹介します。

唾液腺マッサージ
耳下腺マッサージ 顎下腺マッサージ
1. 耳下腺マッサージ     2. 顎下腺マッサージ

食前に、1.2.を左右数回ずつ痛くない程度に行うのがおすすめです。

1. 耳下腺(じかせん:耳の前から頬にかけて)
人差し指から薬指の3本の指を頬にあて、 上の奥歯のあたりから頬の下に向けてぐるぐる回しながら押す
2. 顎下腺(がっかせん:耳の下から顎の下にかけて)
顎の骨と喉の間の軟らかい部分に親指をあて、 耳の下から顎の下まで5か所ほどを押す
入れ歯(義歯)を使用している方も口腔ケアは重要です

失った歯の機能(噛む・会話をする)を回復させたり、顔貌の変化を回復するために、 歯の状態により総入れ歯や部分入れ歯を使用します。 多くの場合、入れ歯の材料にはプラスチックが用いられます。 入れ歯はとてもデリケートなため、取り扱いに注意しなければいけません。

注意点
  • プラスチック製の入れ歯は、排水口のヌメリと同じように汚れや細菌が付着しやすい
  • 臭いなどもつきやすく、清掃を怠ると口臭発生の原因となる
  • 装着中は、粘膜と入れ歯の隙間に細菌が繁殖しやすい環境にある
  • 入れ歯は傷がつきやすく、間違った手入れ方法(歯磨き粉で磨く、やすりで磨く)で 入れ歯の表面に傷をつけるとさらに細菌が付着しやすくなる
  • 入れ歯を不潔にしておくと口内炎など口のトラブルの原因となる

入れ歯は細菌の温床になりやすいため、毎日のお手入れが大事になってきます。

管理方法
  • 食後は取り外し、義歯ブラシなどを 用いて十分に水洗いする
  • 入れ歯洗浄剤を使用し除菌する
  • 専用のケースなどに入れて、水の中 で保管する
  • 就寝時ははずすなど、一日のうち数 時間は歯茎を休める時間を設ける
入れ歯(義歯)の汚れを染め出してみました
歯磨き後 >>  染め出し後

使用者さんが磨いた後の入れ歯です                  磨けたと思っていても、実は汚れが残っています

口と身体の健康を守るためにも、日々の口腔ケアを大切にしていきましょう。

歯科衛生士 隅川
言語聴覚士 若林